専門人材育成講座 受講者の声

ロボット・AI・IoT導入及びサイバーセキュリティ対策を行う高度専門人材育成を目的とした「名古屋市専門人材育成講座」の様子をご紹介いたします。

感想等(抜粋・要約)

ロボット導入前には前捌きが重要で、現状把握、工程分析を行い、導入前にムダ取り等を行い、工程が安定した(管理された)状態にしておかないといけない。

各工程に散らばっている、自働化しやすい作業(単純作業、動作)を集約して自働化することも大事で、ロボット導入する技術者は、工程設計をできる能力も求められる。

自働化が成功している現場の特徴としては、自社内で、カスタマイズできる人材が存在することや、現場と設備導入側が一体で取り組んでいることなどがあげられると聞き、自社の取り組みの方向性は間違っていないことを確認できた。

ロボット・センサの種類・組み合わせる先端技術・ロボットハンドの種類によってメリット・デメリットが存在し、導入する現場の作業内容・人工・環境によってベストな選択を探るうえでのものの見方を学ぶことが出来た。

今後の活用等(抜粋・要約)

(例題演習 ~ ロボット導入に伴う工程及びレイアウト変更検討について)
現場の作業をする人がより自働化を身近に感じやすくなるため、管理監督者だけではなく、現場の作業者への研修としても有効であると感じたので、機会があれば社内でやってみたい。
自社の加工機のレイアウトの見直しをして、作業員の移動時間を減らそうと考えた。
工程ごとのコストを洗い出して自動化するべき工程を選定したい。